ごあいさつ

我々レッカー事業者は、一般自動車道路や高速道路等で発生する故障・事故車両を移動させ、道路交通の安全確保に努めることで社会的に広く貢献しています。

しかし、レッカー事業の歴史は浅く個々の事業者の経営基盤は脆弱な上に社会的な認知度も低く、ここ数年、損害保険会社による無料ロードサービスにより、価格競争は激化し経営環境は一層厳しくなっています。

このような状況下において、今後、我々中小企業が生き延びていくためには、大企業が持ち得ない個々の特色を最大限に生かし、その力を結集しながら、常に協力体制をもって臨むことにあります。

そこで、事業協同組合を設立し、消耗品等の共同購買事業を推進することによるコストの低減、レッカー業務の共同受注、組合員のスキルアップを図る教育情報事業の実施、更には組合員の経営の安定・合理化、技術の向上を図るべく、ここに愛知レッカー事業協同組合を設立する次第です。